家の模型

空き巣や犯罪を未然に防ぐ|防犯カメラを設置して自宅や職場を守ろう

自宅の防犯対策

セキュリティカメラを持つ人

防犯カメラを設置する事で、何らかの被害を受けた時の対策としてだけでなく、抑止力になる効果も期待できます。設置は自分で行う事もできますが、業者に相談して設置を依頼する方がより設置効果を高められます。

注意することと選択理由

家とカメラ

防犯カメラは犯罪を未然に防ぐため、また犯罪が起きた時にその状況を記録し、証拠とするために重要なものです。個人の家で使用する場合もあり、それらも同様の理由で設置することになりますが、屋外に設置する場合には注意しなければならないことがあります。例えば室内であれば問題はありませんが、屋外の場合、住宅前の道路や近隣の家が映ってしまうことでトラブルに発展してしまう場合が挙げられます。また記録情報は個人情報に該当し、個人情報の不適正な取得の禁止といった義務が課せられるので、設置や撮影場所などの注意やステッカーによる周知が必要です。そのほかにも導入する場合はどこに、どんな防犯カメラを設置すればいいか、メンテナンスするにはどの高さがいいかといったことも考える必要があります。

防犯カメラの役割は犯罪を未然に防ぐこと、そして起こった犯罪などを記録し、証拠として残すことです。そして一般家庭で設置される理由はストーカーや空き巣などの犯罪が起きないように、また起きたとしても証拠を残しておきたいという理由があるからです。つまり一般家庭での防犯意識の高まりが、防犯カメラを含めた様々な防犯グッズが選択される理由に挙げられます。もし金銭的に本物の防犯カメラを設置できない場合でも、ダミーカメラを設置することで防犯効果を上げられます。その場合にはどこに設置するのか、その場合はどんなものを選ぶ必要があるのかなどを確認する必要があります。また、防犯効果を上げるにはインターネットなどで収集できる情報を参考にしましょう。

使い方は様々

セキュリティ

監視カメラは、一般の人たちにはわからない場所や形状で設置されており、犯罪者の検挙の際の証拠として使用されます。最近はその特性を活用して、作業の効率アップや、離れて住んでいる人の安全確認などにも役立っています。

状況確認に役立つ

女の人

監視カメラを設置することで作業が滞りなく行われているのかを確認することができます。あまり数を増やしてしまうと従業員に圧迫感を与えてしまうため気を付けましょう。さぼり防止に役立てることができるため、やる気を失わさせずに作業させることができます。